30歳までになんとか

タイムリミットは2020年3月。社会的復活を目指しつつやりたいことを消化していく無職の日記です。

絶対にクリアするゴールを考えてみた1

絶対にクリアするゴール以外にも小さな目標はいくつかあるし途中で何かしら増えると思います。

できるだけ見やすくしたいのでその度に下記のページに加筆していくことにします。

by30.hateblo.jp

 

まず、というかこれに尽きるのですが無職の心配とは当然将来の不安です。そしてそれは全て金銭面の問題です。

 

自分は今無職でたまに日雇いバイトに行く程度ですが、ちゃんと週5で働いていた頃でも月収で20万を超えたことは一度でもあるかどうか・・・1日の拘束時間は8時間程で平均するとだいたい月に17万円前後でした。それでもその頃は満足していましたがやはりあまりにも将来性がなく、一生続けることはどうしても考えられず辞めてしまいました。今も続けていた自分がいるとしたら今の僕と違うのは所持金くらいでしょう。特に後悔はしていません。

 

ほとんどの人が若い無職に対して思うこととして

 

「まだ若いんだからさっさとハロワいってどこでもいいから就職して頑張れば全然並の生活に戻れるだろボケがつべこべ言わずさっさと働けや」

 

しかし今までそうやって人と歩幅を合わせられなかったゆえの現状です。働いて時間を消費してその分のお金がもらえるような仕事なら今すぐ見つかるかもしれません。でも今更そんな仕事に就いても意味がないのです。

 

本当はもっとああ言えばこう言う祭りしたいのですがキリがないので決めます。

 

ゴール1

月収100万円

 

アホが考える漠然とした自由な生活の送れる金といえばやっぱりこれでしょう。根拠はありません。手段は問わずです。

世間では年下でもこれだけ稼いでる人は確実にどこかに、そこら中にいるのに実際に身近には一人もいません。これだけ文字で見ると簡単な気がしてきますね。愚かなり